開催報告:第4回 (8月振り返り)VYC ビジョナリーよるカンファレンス

 

 

 

 

2021年9月2日第4回「ビジョナリーよるカンファレンス」はオンライン会場(Zoom)のみで開催しました。

こんにちはー。VC運営委員のぎわ(山際彰宏)です。
みなさま、ご自身が立てた目標に対する行動って見直していますか?
VAC/VHCの2週間後に開催のVYC。※VAC翌月の第一木曜日になります。
参加者、お一人、お一人が内省し、ビジョンや目標をブラッシュアップしていきます。
では、内容を見ていきましょう。

VYCの位置づけ・目的とは?

【改善の場】 立てた目標、忘れていませんか?
  1. 行動ができていても・いなくても、現在地点を把握する → 全てにOKを出して、次の行動につなげる
  2. 目標と作戦の効果性やビジョンと目標のつながりを改めて考える
  3. フィードバックの言葉(質問の型)が設計されている → 他メンバーから聞かれることでより内省が進む

今回、私は仕事で参加できず、残念。。。
聞くだけのご参加もOKです!Zoomのチャットでコメントすることもできます。
次のVACまでの途中で進捗のチェックが出来て、ビジョン・目標がどんどん、自分事になっていきます。

5分間で振り返りをします

各自、8月のVACで使用した、VCノート、V-PREPシートをもとに、

実行度チェック! 作戦(Reason)と行動(Example)
効果性チェック! 目標(Point)と作戦(Reason)
繋がりチェック! ビジョン(Vision)と目標(Point)

を意識して振り返りました。
上記のチェックポイントの説明がありました。
なるほど、このチェックポイントを使用すると自分の振り返り「シンカ」しますね。
是非、参加していただき、体験してほしいです。

ブレイクアウトセッション開始!

3名~4名のブレイクアウトルームにわかれて、セッション開始です。
内容はこちら。

  • 3分間:本人が発表する(ビジョン・目標・作戦 + 振り返り)
  • 8分間:他のメンバー3人が、質問の型の中から選んで質問する
  • 1分:本人の宣言 (これやる、見直す、なれれば感想でもOK)

本人の発表を聞いた後、他のメンバーが気になったところを、型にそって質問します。

質問の型は全部で8種類あります。
1.深堀り=具体化
2.広げる
3.意味づけ・意義付け
を促すような質問です。
どんな質問なのかって?それはご参加してのお楽しみです。

自分では、気づかなかったり、無意識のうちに避けていることをズバッと、他の参加者から質問されることにより、自分の振り返りは深まって行きます。
今回、私は仕事で参加できず、自分で、質問の型を使って、振り返ってみましたが、
他のメンバーから問いかけらた場合と全然違いました。
自分では無意識のうちに避けていた質問が来たり、感想をもらえたりします。
自力だけではなく、他力をいただくことができるので、やはり、参加したい!!と強く思いました。

各ブレイクアウトルームはどうだったでしょう?

 

各ブレイクアウトルームの感想をシェアしていきます。

1)
(はじめてご参加の方がシェアしてくださいました)伝えることの言語化がすごく勉強になりました。書くこととグループのみなさまに伝わるように話すことは違うんだなと思いました。この場のみなさまと色々共有しながら強みにしていきたいと思いました。仕事の中だけでなく、自分の人生の中でビジョンを立てる。言い切る。自分の弱い部分の発言もありました。かっこつけないで、自分の今の感情を話し合えるってすごくいいなぁ~と思いました。
2)優し気(やさしげ)な方のグループで、いい雰囲気でした。やさしい中でも各自の視点が違っていて、いいお節介をやきながら、すすみました。お互いのビジョンが上手くつながっていていたり、リンクし合ったりしていました。みなさまの自戒もあり良い時間でした。もっと対話したかったですが、時間切れで残念でした。いい繋がりが持ててよかったです。
3)時間に余裕がある感じで、ゆっくり話できました。ある方の個人レッスンみたいな感じでした。目から鱗で、ハッ!!と目覚めた感じの気分です。グループの他の方は目標達成済み・順調に進捗しています。そのコツも聴けました。作戦がしっくりきていなかったのですが、自分流でよいと気づき、とても良い時間でした。作戦の変更により、進捗率を達成できることに気づきました。
4)「新しい目標が見つかった、新しい資格に挑戦したい。」「作戦の進捗が安定してきて、目標達成できそう。自分の心が弱いので、しっかり目標を立てないと甘えてしまう」「やるべき事が多すぎて、もがいている。意欲はあるので、やる事を整理しながら着実にすすんでいく」「勢いで、メルマガ書きます、と言った。セミナーも、お客さんが0人でもやってしまおうと言われて、実行しようと思う。勢いで新しい作戦を立てられた」等の感想がありました。みなさまの違う視点で語り合えるので、モチベーションアップになると気づきました。ご自身の立てた目標を他のメンバーがバックアップして行く感じがチームワークみたいで凄くいいと思いました。

5)(こちらのグループも、はじめてご参加の方からのシェアです)よかったと思うのは、質問の型ですね。どんな質問をするかで、その人の次の行動が決まると思っています。質問のクオリティが良くないと「どうなんだろう。。。」となるのですが、いい質問の型が決められているので、その質問をしてもらうことで、「そこできてなかったな」「そことそこがつながるのね」と凄くいい気づきになりました。また、他の方が発表しているのをしっかり聴くことで質問ができるので、傾聴力・質問力・解答力を物凄く勉強できました。

最後に写真撮影です

 

 

参加者のみなさまで、VCマークを出した写真撮影
みなさま、ナイス笑顔です。

最後に代表のガクさんから、一言。

今までの目標達成の会は、発表後、そのまま忘れても良かったんです。悪く言えば。
後は、自分で頑張って、感じだったんです。
それは、もったいないと思いました。
折角エネルギーの高い、VAC/VHCがあるので、その2週間後に見直す!と言うことをやってます。
反省点や改善点もでてくるので、それで、少しでも前に進めたらと思っています。

お~、まさに、【改善の場】、ビジョン・目標の達成に近づいていきますね(^^♪

このような、素晴らしい人たちの集まりのビジョナリーカンファレンス!!
今後も引き続き盛り上がっていきます。

みなさまのご参加お待ちしております。

(文責:山際彰宏)

前の記事

開催報告:第3回 (7月振り返り)VYC ビジョナリーよるカンファレンス

  2021年8月5日第3回「ビジョナリーよるカンファレンス」はオンライン会場(Zoom)のみで開催しました。 こんにちはー。VC運営委員のぎわ(山際彰宏)です。 みなさま、ご自身が立てた目標に対する行動って見 […]

次の記事

開催報告:第5回 (9月振り返り)VYC ビジョナリーよるカンファレンス

        2021年10月7日第5回「ビジョナリーよるカンファレンス」はオンライン会場(Zoom)のみ 20:00-21:40で開催しました。 こんにちはー。VC運営委員のぎ […]