開催報告:第25回 ビジョナリーひるカンファレンス

ビジョナリーひるカンファレンス(VHC)

2023年5月19日第25回「ビジョナリーひるカンファレンス(以下、VHC)」はリアル会場(しぇあひるずヨコハマ)とオンライン会場(Zoom)のハイブリッド9:10-11:00で開催しました。

今回はビジョナリーカンファレンス事務局の菅沙絵がレポート担当させていただきますので、ぜひ最後までお付き合いくださいね!

●『課題解決の場』ビジョナリーひるカンファレンス(VHC)とは?

「All for One」という手法を用いて、ひとりの課題をみんなで解決する場です。

簡単に言うと三人寄れば文殊の知恵システム!

さまざまな経験を積んできた多くの人が、さまざまな視点で参照枠や解決策を提案すれば、解決の糸口が見えるはず。
ということで、このシステムの優良さがハンパないです。

わずか20分という時間ですが(20分を3名行います)とっても濃ゆい時間です。

解決に至るまでのスピード感も、ぜひ体感しにきてくださいね!

スケジュール
時間 内容
09:10~ 開始(挨拶)&写真撮影
09:20~ Good or New(自己紹介タイム)
09:30~ 課題出し3分 & Zoomチャットシェア & 投票3名 → 1~3位を決める
09:50~ 課題① All for One(20分)
10:10~ 課題② All for One(20分)
10:30~ 課題③ All for One(20分)
10:50~ 感想・課題①〜③の方はスモールステップの宣言
11:00 終了

まずはじめに、『Good or New(自己紹介タイム)』

最近、よかったこと・新しく始めたこと、なんかをシェアするんですけどね。

今回は、農業体験(レタスの収穫5時間)したばかりだったので、そちらを発表。
この体験をとおしての気づきをレポートにしたのですが、それに対していただいたフィードバックが想像以上に好評だったので、あらためて、人生でもトップレベルに貴重な体験だったと振り返っています。

みなさんも、イベントの成功や過去一の業績、体内の毒素を取り除く健康プログラム初体験など、goodすぎるシェアに笑顔と拍手が花咲きました♪

まずは、写真撮影

みなさん、ナイス笑顔です。

それでは、ひるカンファレンスメインテーマにまいりましょう!

3分間で自分の課題を考えて、チャットで発表。

この課題出し、当初は毎回わたし悩んでいたんです。
課題がないはずはないのですが、ここでみなさんに聞いてもらう課題ってなんだろう? って考えると……

でも最近気づいたことがありまして。

「みんなはどうなのかな? 訊いてみたい!」

これです。この視点だと、たくさん出てくる。

ということで、今回はこちらにしました。

「SNSを好きになるには?(みんなSNSって得意? どんな気持ちで発信してる?)」

私はニガテなのですが、発信したい気持ちもあったりするんですね。
PAGメンバーは発信している人が多いので、みんな得意で好きなのかな〜という気持ちと、
本当にそうなのかな? という疑問もあり、本当のところを訊いてみたいと思ったのです。

そして、好きになれる秘訣があればぜひ訊いてみたいな、と。

さて、みんなでチャットと一言で発表した後、いよいよ投票です。
(自分が聞きたい人、3人に投票)

多数決で選ばれた3人の課題に今回もガッツリとみんなで向き合いました!
(はい、今回は落選です。笑)

今回も課題の内容は濃ゆすぎました。
詳細は記載しませんが、そこで出た私が思う「名言」の数々をお届けしたいと思います。

【人の歌にハモる♪】

(何にしても人と一緒にやる、ってのはいいですね)

【絶叫する!】

(はじけちゃおう! どんな時もこれで突き抜けられそう?)

【認めてくれる人の前から始めよう♪】

(そうそう、なんでも安心安全の場から始めたらいいよね)

【楽しもう♪】

(それこそ私にとっての魔法の言葉”楽しもっ!!”)

【第三者、スパンと言える人に任せてみる。代弁者をたてるもいいんちゃう?】

(だね! 得意な人に言語化してもらったらいいよね。すべて自分でやらなくてもいいんだ)

【誤解を生まないようにする】

(気遣いすぎてあえて言葉を尽くさないことってあるんだよね。言い訳っぽくなるかな? とか。でも「誤解を生まない」それは誠意だな、って思う)

【発展的解散。むしろプラス。堂々と伝えよう!】

(堂々と伝える。これが本当に大切だな、と思う。想いは直球が一番届くからね。堂々と伝えよう!)

【自分の経験値にないとわからない】

(そうです、わかりません。「なんでわからないんだろう?」そう思ったときこそ、立ち止まって考えよう。角度が違えば景色も変わるから)

【背中を押してもらえたらな、と】

(アドバイスが欲しいわけじゃない。背中を押して欲しい。なんかこれって強烈。そう言われたらなんか嬉しくない?)

【自分の頭で考えて、自分の好きなように生きろ】

(自分の頭で考える。これをちゃんとしないと、何をしても虚無感に襲われる。ということを身をもって感じています。自分の頭で考えよう)

【あるがまま、ありのまま、そのままが、あなたなら一番伝わると思う】

(生き様って滲み出るな、と最近思う。でも言葉にしないと伝わらないこともある。だから言葉を尽くす努力は必要なんだけれど、そうでなくても伝わると思える人はやっぱりすごい)

今回課題を取り上げられたみなさん、
この後どのような行動を起こし、どのような結果になり、そしてどのような感情が生まれたのか……

またお伺いできることを楽しみにしています。

自分の課題を真剣に考えてもらうという体験、
仲間の課題を真剣に考えるという体験、

どちらも得難いものです。

その貴重な体験をぜひ味わいにいらしてくださいね!

次回のビジョナリーあさ・ひるカンファレンスは、6月16日(金)。
オンライン(Zoom)の開催予定です。

お申し込みはこちらから↓

●あさカンファレンス
https://pag-presidents.jp/event/relation/2787/

●ひるカンファレンス
https://pag-presidents.jp/event/relation/987/

来月も多くのビジョナリーとお会いできることを楽しみにしています!

(文:菅沙絵)

前の記事

開催報告:第33回 (1月振り返り)VYC ビジョナリーよるカンファレンスNew!!

みなさん、こんにちは! VC広報チームのまさ(三田正明・東京)です。 2024年1月25日にオンラインで開催された第33回「ビジョナリーよるカンファレンス(以下、VYC)」の模様をレポート! 毎回、自らがVACで掲げたビ […]

次の記事

開催報告:第26回 ビジョナリーひるカンファレンス

ビジョナリーひるカンファレンス(VHC) 2023年6月16日第26回「ビジョナリーひるカンファレンス(以下、VHC)」をオンライン(Zoom)9:10-11:00で開催しました。 今回はビジョナリーカンファレンス事務局 […]