開催報告:第11回 (3月振り返り)VYC ビジョナリーよるカンファレンス

2022年4月7日第11回「ビジョナリーよるカンファレンス」はオンライン会場(Zoom)のみ

20:00-21:40で開催しました。

※VAC翌月の第一木曜日に開催
参加者、お一人、お一人が内省し、他の方からの質問に答えていくことで、ビジョンや目標をブラッシュアップしていきます。

まずは、アイスブレイクから。

Zoomのチャット欄に、自己紹介と最近よかったことを記入。その後、チャットを元にみなさんにお話いただきます。
このはじめにおひとりずつお話いただくことで、【場】の雰囲気が格段に温かくなります。

写真撮影いってみよう

ビジョナリーカンファレンスのマークである、VCを右手でつくります。

みなさん、素敵な表情。
司会のなつむさんの掛け声に、毎回心が柔和になります。だからこそ、自然とその人らしい表情が引き出されるんですね。

 

VYCの位置づけ・目的とは?

【改善の場】 立てた目標、忘れていませんか?

  1. 行動ができていても・いなくても、現在地点を把握する → 全てにOKを出して、次の行動につなげる
  2. 目標と作戦の効果性やビジョンと目標のつながりを改めて考える
  3. フィードバックの言葉(質問の型)が設計されている → 他メンバーから聞かれることでより内省が進む
「立てた目標、忘れていませんか?」

いやいや、忘れるはないでしょう。
とツッコミつつも、「できてた?」と言われると……うむむ。

できていなかったら「忘れている」のと同義。

でもだからこそ、この「改善の場」がとても大切なのです。
あさカンファレンスから2週間後。ちょうど真ん中ね。

そのタイミングで「目標忘れてない?(できてる?)」と問われることで、少なからず向き合います。

「あ、ぜんぜんできてなかった……」だとしても、向き合ったら、少しは変わりますよね。

たとえ翌日からやっぱりできなかったとしても、この【場】で仲間に質問をされて考えて答える。
この時間は絶対に自分の中に残ります。

だから最近はとくに思うんですよね。
後先考えずにまずは参加する。ほんとそれがすべてだな、と。

意味や意義なんて、やってみないとわかりませんからね。

ぜひ、ご自身で体感してほしいな、って思います。

5分間で振り返りをします

各自、3月のVACで使用した、VCノート、V-PREPシートをもとにチェック。


実行度チェック! 作戦(Reason)と行動(Example)
はどのくらいできたか?
つながりチェック! ビジョン(Vision)と目標(Point)
はつながっているか?
効果性チェック! 目標(Point)と作戦(Reason)
は効果的なものになっているか?

漠然と振り返るよりも、チェック項目があるから振り返りやすい。
実行度の表現は人それぞれですが、パーセンテージなど数字だと聞いている方もわかりやすいですね。

たった5分ですが、実際にやってみるとそれなりに長く感じます。
私はひととおり書いた後に、「なんでできなかった(というより、やらなかった)んだろう」を毎回考えます。(だいたい実行度が低いという真実……)

まぁ、そんなことをしていると逆にあっという間に終了のアラームが鳴るのですが。

そんな状態からのブレイクアウト。
どんな質問をされるんだろうか? という、若干のドキドキを抱えながらいつもGOしてます。

~真髄は質問の型にあり~
VYCのブレイクアウトセッション

ブレイクアウトセッションでは3~4人1組になって1時間程度『質問』していきます。
カンタンにいうと内省を促す場。

  1. 深堀りする=具体化する 質問が、3つ
  2. 広げる 質問が、2つ
  3. 意味づけ・意義付け を尋ねる質問が、2つ

この3つでしたが、今回からあらたに加わった【新質問】があります。
こちらは「応用編」とでもいいますか。これも過去10回よるカンファレンスを行なってきたからこそ、できた質問。

よるカンファレンスの特徴は、これらの質問を自分が自分にするのではなく、他人からしてもらうところ。これが内省を促すのに、と〜ってもいいんです。

今回の新質問、個人的にすごくよかったなぁ。明らかに場がより深まったことを実感しました。
正直、毎回同じ質問だと飽きるし、思考も慣れてきてしまうというか。

また、質問する側も楽しみが増えたというか。

こうして、シンカし続けるビジョナリーカンファレンスがやっぱりいいなぁ。

実際、どんな質問たちなのか? 
こちらはぜひ参加してご確認いただきたい。

そして、質問する喜びもされる喜びも、体感していただきたいですね。

ブレイクアウトセッションは
どんな気づきがあった?


 

各グループから一人、ブレイクアウトルームでの様子、気づきを発表いただきます。ではさっそく見ていきましょう!

1)
よるカンファレンスにはじめて参加された人もいましたが、楽しく過ごしてくれました。
ビジョンを考えたことがなかったけれど、日本の文化を知ってほしい・広めたいという想いを持たれていて、素晴らしいと感じました。
自分自身も、1年前にはビジョンがなくて、この1年をとおしてだんだん明確になってきたことを実感。
また、横連携がとれていて(これを受けてこうします! みたいな)違う角度で繋がったのがすごくよかったです。
2)
男3人だったので、ずかずか聴ける感じがよかった。
仕事と関係ないビジョンが描けないという、悩みではないが、それ以外のビジョンを描ける人への質問があったり、
多角的に話ができました。
最終的には、男3人で飲もうという話にもなり盛り上がった。笑
3)
はじめて参加しました。とても面白く過ごさせてもらいました。
淡々と明確にできること・できないことを話されて、この短時間に「やること」を決められた人がいたのがすごいと思った。
私の目標に関しては、だいぶ進んでいるので目標を変えた方がいいのでは? と言われ、そうしようと思えて進めたのがよかった。
本当に短い間に「決められる」というのが、すごい仕組みだと思いました。
4)
私以外の人は、目標・作戦も明確で、しかもほぼできていたので、この先も続けていけば達成できるだろうと思いました。
ビジョンを変えます、という人もいて、それも素敵でした。
私は全然できていなかったのですが、質問ですごく掘り下げてもらって、新しいものが見えてきたので、すごくありがたかったです。

今回は、はじめてご参加くださった方が何名かいらっしゃいましたが、みなさんブレイクアウトルームから戻ったときの表情がとても生き生きとしていたのも頷けますね。

振り返ることで、着実にみなさん前進できたようです。

振り返りの前に、まずはビジョン・目標設定。
はじめての方向けに、「はじめてのビジョナリーカンファレンス」というお試しの場もありますので、ぜひ、この場からはじめてみませんか?

■はじめてのビジョナリーカンファレンス

◎日 時:2022年5月13日(金)20:00~21:30

https://pag-presidents.jp/event/relation/2432/

(文責:菅沙絵)

前の記事

開催報告:第12回 (4月振り返り)VYC ビジョナリーよるカンファレンス

2022年5月5日第12回「ビジョナリーよるカンファレンス」はオンライン会場(Zoom)のみ20:00-21:40で開催しました。 こんにちは! VC運営委員のぎわ(山際彰宏・神戸)です。今回は4月21日のVAC/VHC […]

次の記事

開催報告:第9回 (1月振り返り)VYC ビジョナリーよるカンファレンス

2022年2月3日第9回「ビジョナリーよるカンファレンス」はオンライン会場(Zoom)のみ 20:00-21:40で開催しました。 こんにちは! VC運営委員のあんちゃん(安藤研一・東京)です。今回は1月20日のVAC/ […]