Perfect  Achievement  Of  Goal

会の様子

【博多】第33回朝会 2018年8月

  • 2018年09月3日

平成最後の夏の「絶対達成社長の会」。本日の福岡はあいにくの雨模様で蒸し蒸しとした朝です。

外は曇り模様ですが、会場の木村情報様会議室内は朝からシャキッとした空気が漂っています。

 

本日も「やり方ではなく在り方」という言葉から横山さんのミニ講義スタート。
今回も学びの多い講義です。
最初のハードルが高いほど、忠誠心が高まるという「コントラフリーローディング効果」についての紹介。
サービスや商品など価格を抑えた方が使ってもらえるのでは?・・と考えがちですが、これは間違いであるということがきちんと証明されているそうです。

ミニ講義の後は各会場ごとに自身の目標をプレゼン。
毎月自分と向き合って、プレゼンすることで、今の自分の位置、目標達成に向かってこれからやるべきことが見えてきます。

今月から博多会場独自の取り組みとして、参加者の達成状況をグラフで見える化。
達成に向けて取り組んでいることや、困っていることについて、参加者同士でディスカッションします。
今日は新サービスのアイデア出し方法、目標管理手法について、様々な意見が出ました。

「ディズニーの3つの部屋」というアイデアの発想法は初めて知りました。
参加者の役割を夢想家、実務家、批評家に分けて、それぞれの立場でアイデアを出し合う手法だそうです。

元日ハムの大谷選手が使っていた「マンダラート」を利用した目標管理の手法も紹介されて、こちらもツールは知っているものの、どのように運用するのが良いか、という議論になりました。

このように、お互いの目標達成を参加者同士が応援します。

議論はなかなか尽きることなく、もぐもぐタイムでもお互いの目標や、日頃感じる課題などについて話が続きます。
2時間あっという間です。

最後はみんなで集合写真。
達成率のグラフはこれから1ヶ月でどうなるか?
来月9/20(木)の朝会も楽しみです。

 

pageTop